1 :名無しさん@おーぷん
物理的なものから、霊的なものまで、何でもいいから実際に体験した怖い話が聴きたい!
3 :名無しさん@おーぷん
ニートなのに親父がタヒんだ
6 :名無しさん@おーぷん
>>3
それかなりの恐怖体験だなw
脱ニートできた?
5 :名無しさん@おーぷん
車全損、俺無傷
7 :名無しさん@おーぷん
海水浴でかなり沖に流された
15 :名無しさん@おーぷん
>>7
離岸流って奴か。

よく助かったね。
22 :名無しさん@おーぷん
>>15
監視の人がエンジンつきボートで助けてくれた
それがなければ明石のタコか鯛の餌になってたと思う
8 :名無しさん@おーぷん
目の前で友達(俺は友達と思ってないけど)が車に跳ね飛ばされたとき
18 :名無しさん@おーぷん
>>8
友達のその後がきになる。
てか、その()いるか?w
9 :名無しさん@おーぷん
部屋に誰も居ないのに肩を叩かれた
21 :名無しさん@おーぷん
>>9
それ怖…。
霊でも潜んでるのかな?
12 :名無しさん@おーぷん
親友にさんざん罵倒を浴びせられて屋上から突き落とされる  夢  
13 :名無しさん@おーぷん
半年以上かけて作った卒論のデータが入ったUSBが洗濯したジーパンの中から出てきた時
25 :名無しさん@おーぷん
>>13
バックアップしてたんだよね!?
そうだと言ってくれ。
14 :名無しさん@おーぷん
渓流で滝を迂回しようと崖登ろうとした途中で進むことも戻ることも出来なくて立ち往生した時
26 :名無しさん@おーぷん
>>14
え、それどうなったの??
33 :名無しさん@おーぷん
>>26
なんとか這うように横に逃れた
ほんの数mに1時間以上かかったわ
手足へろへろになった
47 :名無しさん@おーぷん
>>33
怪我しなくて良かったよ。
自然は怖いね。
16 :名無しさん@おーぷん
雪道を犬と奪取したら雪で覆われてた小川に落ちた
犬は直前で止まってた
30 :名無しさん@おーぷん
>>16
犬の方が賢いとかwww
19 :名無しさん@おーぷん
家に一人の時に風呂入ってたら風呂の電気が消えた
停電とかじゃなくてスイッチの音もしっかり聞こえてマジで声出してビビった
風呂出た後確認したけど誰もいなくて震えた
32 :名無しさん@おーぷん
>>19
いやいや、そんなん怖すぎだろ!!
風呂中に電気消されるとかイタズラだったとしても怖いわ!!

で、実際それ誰かが電源切ってたの??
35 :名無しさん@おーぷん
>>32
家族に聞いたが俺以外誰もその時家にいなかったし知らないって言ってた
不思議すぎる体験
70 :名無しさん@おーぷん
>>35
コレは尋常じゃなく怖いな。
俺の中では今んとこ1番怖い。

霊だとしても怖いが、もしかしたら生身の侵入者がいたのかも知れんと考えると…。
20 :名無しさん@おーぷん
塾でタヒぬほど嫌いなDQNと一緒のクラスになった事
今思えば本当に何ともない事だけど当時はクラス発表を聞いたとき一瞬気絶しそうになった
人生で気絶しそうになったのはアレが初めて
36 :名無しさん@おーぷん
>>20
塾に限らず、学生の時のクラス替えって一大イベントだよな!
仲よかった奴が軒並み別クラスだった時とか、好きな女の子が別クラスだった時とかマジで凹むよな。
23 :名無しさん@おーぷん
感電して腕が焼けたのが怖さトップクラスの経験だな
27 :名無しさん@おーぷん
興味本位で豆電球をコンセントにつっこんだとき
まねするなよ
37 :名無しさん@おーぷん
>>27
どう考えても形状的にコンセントに豆電球突っ込めないんですがそれは。
42 :名無しさん@おーぷん
>>37
豆電球をソケットにさして、2本のコードをコンセントの穴に刺すんだよ
52 :名無しさん@おーぷん
>>42
※良い子は真似しないで下さいね
29 :名無しさん@おーぷん
信号待ちでボーッと待ってたんだけど、陽射しがキツくて街路樹の下に避難したら、さっきまで立ってたところに車が突っ込んで来た。
45 :名無しさん@おーぷん
>>29
間一髪だったな!

人の生タヒなんて運次第。
こういう話聞くたびに、人っていつタヒんでもおかしくないって思うな。
31 :名無しさん@おーぷん
学校の行事で中学の時山行ったんだけど、超デカい熊にあった。
46 :名無しさん@おーぷん
>>31
野生動物の怖さって実際に遭遇して見ないと分からんよな!

鹿ですら山でいきなり出会ったらめっちゃ怖い。
熊とかマジでタヒを覚悟するレベル。
49 :名無しさん@おーぷん
>>46
あの時は、本当にタヒぬかと思った。

とりあえず、走って逃げた。

運良く逃げ切れたが、熊に対して走って逃げては行けないと後々知ったときは改めてビビった。

もう山は行きたくない。
38 :名無しさん@おーぷん
夜中に裏山が崩れて
家の中に土砂が入ってきたこと
半壊だけど全員無事でした
41 :名無しさん@おーぷん
金縛りにあって耳元で「コロしてやる」って言われた時
51 :名無しさん@おーぷん
>>41
そんなん完全に取り憑かれてますやん……
43 :名無しさん@おーぷん
組事務所への遅配デリバリーw
54 :名無しさん@おーぷん
>>43
遅配ってとこがミソだなw
因縁つけられなかった!?
60 :名無しさん@おーぷん
>>54
少し怒られたけど偉い人の仲裁で事無きを得た
青虫がキャベツに付いてたのはまた別の話w
65 :名無しさん@おーぷん
>>60
青虫は論外だろwww
44 :名無しさん@おーぷん
学生寮にいた時に友人と怖い話してたら廊下でバタバタバタバタって音がして見てみたら誰もいなかったこと
50 :名無しさん@おーぷん
アルバイトで勤めてた先の男性陣は俺以外ムショ帰り
55 :名無しさん@おーぷん
>>50
なんのバイトしてたんだよwww
67 :名無しさん@おーぷん
>>55
塀から出てきた人にヤバイ所は行かせられないから
人の良さそうな俺がトラブル先にデリバリーw
68 :名無しさん@おーぷん
>>67
oh…
良くそんなとこでバイトしてたなw
69 :名無しさん@おーぷん
>>68
みんな元殺人犯だし頭に血がのぼると歯止めが効かないんだ
普段はみんな温厚だったけどな
71 :名無しさん@おーぷん
>>69
もしかしたら、お勤めしてきた構成員がムショから帰ってきたときに面倒見る用の職場だったのかもな…。
75 :名無しさん@おーぷん
>>71
社長曰く安月給でよく働くから能動的に受け入れていたそうだ
53 :名無しさん@おーぷん
トラックに轢かれそうになった割とマジで
58 :名無しさん@おーぷん
>>53
結構、タヒんでたかも知れない瀬戸際だった奴って居るんだな…。
56 :名無しさん@おーぷん
配達行ったら上半身和彫りのにーちゃん出て来てさらに奥には雀卓囲む和彫りのおっさんが3人居た時
57 :名無しさん@おーぷん
しかも水で数あったから中運んでくれやとか言われた時
61 :名無しさん@おーぷん
>>56
>>57
完全に組み事務所www
59 :名無しさん@おーぷん
ふと目が覚めて押入れのほうを見ると女の人がぬらーっと出てきた
うわあーってなったら目が覚めて夢だったのかと安心してたら押入れから女の人が出てきた
それでまたうわぁーってなって目が覚めて押入れのほうを見たら・・・

っていうのを6、7ループしてようやく目覚めた
63 :名無しさん@おーぷん
>>59
タイムリープ能力者でしょうか…?
64 :名無しさん@おーぷん
投身自殺しようとして飛び降りた奴が俺に落ちて来た
俺は失神して肩があり得ないほどズレてたけど飛び降りた奴は無傷、
66 :名無しさん@おーぷん
>>64
お前の肩で人1人救えたんだ!
素晴らしい事じゃないか!
72 :名無しさん@おーぷん
10数年前にイキってリストカットしたら手首の神経切った
8時間に及ぶ手術の末なんとか神経はつながったものの、
いまだに満足に指が動かせないし感覚もあまりない
74 :名無しさん@おーぷん
>>72
なぜイキってリストカットしたwwz
73 :名無しさん@おーぷん
家のベランダから見てた
兄のドッペルゲンガー
青白い肌で
無言でこっち見て立ち尽くしてた。
目が合った
77 :名無しさん@おーぷん
>>73
自分のじゃなく、兄のってのが不気味だな。
兄貴はお前に何か伝えたい事があったのだろうか…?
82 :名無しさん@おーぷん
>>77
それでバイクで通学する時
気をつけろって伝えといた
84 :名無しさん@おーぷん
>>82
兄貴はその後何事もない?
94 :名無しさん@おーぷん
>>84
バイクが壊れたみたい。
いち早く気づけたから大丈夫
76 :名無しさん@おーぷん
夕飯に茹でたブロッコリーがでて、箸でつまもうと思ったら大人の男性の中指位ある黄緑のイモムシが同じく皿の上に茹で上がって転がってたこと
78 :名無しさん@おーぷん
>>76
まぁ、自然界では芋虫って栄養豊富な食品ですし多少はね?
81 :名無しさん@おーぷん
>>76
うげぇ
79 :名無しさん@おーぷん
親父のゲンコ
80 :名無しさん@おーぷん
>>79
子供の頃って、父親って絶対的な権力者だったよな。
83 :名無しさん@おーぷん
俺の恐怖体験は、小学校低学年の頃の話。
人通りのない路地を1人で帰ってる時、一台の乗用車が俺の脇を徐行して運転席からおじさんが顔を出して話しかけてきた。
顔はハッキリとは覚えてないけど、普通のおじさんだったと思う。

おじさんは「君、◯◯って所知ってる?」って聞かれた。
その◯◯ってのは何だったのか忘れたけど、割りかし近所にある建物かなんかだった気がする。
俺が知ってると答えるとおじさんは「良かったら、車に一緒に乗ってそこまで案内してくれないかな?」って言われた。

子供ながらに可哀想だから車に乗って教えてあげなきゃと思ったが、親父にキツく知らない人には絶対について行くなと教えられていたので断った。
おじさんは断られるとそのまま車でどっかに行った。

子供の頃は、やっぱり一緒に乗って教えてあげれば良かったかなー?なんて思ったけど、大人になった今になるととても怖い出来事だったと思う。
そもそも、そこは土地勘のない奴が車で乗り入れてくるような場所じゃなく、地元民じゃないとまず来ない。そして、地元民ならまず間違いなく知ってる場所を探していた。
そして、俺が車で道に迷ったとして、小学校低学年の子供に道を尋ねるだろうか?しかも、その子を自分の車に乗せて案内をさせようと思うだろうか?

今思えば、ほぼ確実に誘拐か何かを企ててたんだろうなと思う。
85 :名無しさん@おーぷん
トイレのドア開けたらゴキブリが降ってきた
87 :名無しさん@おーぷん
>>85
それ怖すぎだろ!!
88 :名無しさん@おーぷん
ヤクザに中指立てて追いかけられた
89 :名無しさん@おーぷん
インフルの時金縛りと幻覚が見えた
95 :名無しさん@おーぷん
>>89
どんな幻覚??
104 :名無しさん@おーぷん
>>95
インフルで苦しさがピークに達して夜中に目が覚めたとき、壁に変な形のカブトムシがいた
払いのけようと思ったら体が動かなかった
だからそのまま寝たら金縛りは収まったし虫もいなくなった
まぁそもそも真冬にカブトムシがいるわけないんだけどね
90 :名無しさん@おーぷん
夢の中で夢を見ててそれがずっと冷めない夢を1週間くらい連続で見たこと
92 :名無しさん@おーぷん
友達と子供の頃に黒塗りの街宣車に石投げたり、静かにしろコールしてたら追いかけられた
93 :名無しさん@おーぷん
足滑らせて脚立の天板が喉に突き刺さった時、抉れて11針塗った
喉に刺さった時は痛みは不思議なくらい無くて一瞬訳が分からなかった
ただ何かで見て知ってたんだけど、人間はタヒぬ程の痛みになると痛覚が麻痺するというのを思い出してタヒを覚悟した
99 :名無しさん@おーぷん
>>93
これも相当恐ろしい体験だな…。

そういや、ロシアの女の子が熊に食われながら母親に電話してた話を思い出した。
その子も、途中から痛みが無くなったって母親に伝えてたらしい。
96 :名無しさん@おーぷん
仕事でウン百万円分の商品ダメにしたこと
97 :名無しさん@おーぷん
朝起きても両目の瞼が開かなかった時
花粉症の時期で目やにが固まりすぎて寝てる間に接着したらしい
101 :名無しさん@おーぷん
>>97
俺も花粉症だから近い出来事あるけど、朝イチだと結構パニクるよなw
98 :名無しさん@おーぷん
グーグルマップの航空写真で
自宅の屋根をクローズアップしたら
白装束の髪の長い女がへばりついているのを見たとき
かな
102 :名無しさん@おーぷん
>>98
さぁ、そのグーグルマップのリンクを貼るんだ!
107 :名無しさん@おーぷん
>>102
その前に
自分ちの屋根をクローズアップしてみな
範囲を拡大してサーチしたら
500軒に1軒の割合で女がへばりついてるのを確認した
そして・・
その女のへばりついてた家では
必ず遠からず日にタヒ人が出ていることが解ったんだ
それで、俺も・・
おや、こんな時分に誰だろう 後でまた来る
108 :名無しさん@おーぷん
>>107
都市伝説としては上出来だ!
103 :名無しさん@おーぷん
自転車で最高速度で坂下ってたら地面が大きくボコってなってて空とんだ挙げ句家に突っ込む
105 :名無しさん@おーぷん
子供の時車がスリップして玉突き事故現場に突っ込んだ時。ブラックジャックみたいな傷できた
109 :名無しさん@おーぷん
高額宝くじが当たったこと
換金するまでドッキドキで眠れなかった
独身30代でいつタヒんでもよかったのに
その宝くじを守ることに頭いっぱいで
1時間に一回は宝くじが保管場所にあるかチェックしてた
いつ誰にバレるか、とられるかわからない
本当に怖い期間だった
111 :名無しさん@おーぷん
>>109
おめでとう!!
気になるのは高額当選すると、どこからか嗅ぎつけてきた人らに投資の勧誘やらなんやらされるって話聞きたけどガチ?
110 :名無しさん@おーぷん
猿夢っていう都市伝説の話を見た夜に猿夢的なものを見た
都市伝説だと逃げたらしいけど自分は逃げれなくて
「えぐりだし〜えぐりだし〜」って言われて目をスプーン的なものでえぐられてる最中に目が覚めた
(不思議と抵抗もせず、痛みもなかった)
起きた時は目が真っ赤にはなってたけどえぐり取られてはなかった(本当に良かったけど)
その日は遊びに行く約束してたから自分はその真っ赤な目のまま友達4人と遊びに行った
普通に楽して、結局閉園時間まで遊んでた
まぁ、楽しい時間も過ぎたし、最後に思い出の写真をってことで集合写真を撮ったんだよね
(デジカメじゃなくてフィルムカメラだったから現像するまではどんな写真かわからなかった)

その後現像した集合写真を見ると自分の目がえぐり取られたように目が真っ黒になってた
とりあえずその写真は今は地元のお寺にあずけてお炊き上げをしました
その後家でのちょっとした事故で片目の視力は失ってしまいました

読みづらい文ですが自分に起こった話ですwwww
正直変に都市伝説に興味を持つのはよくないですねw
112 :名無しさん@おーぷん
>>110
猿夢知ってるだけに怖いわ。

てか、これコピペだよな?
コピペなんだよな!?
113 :名無しさん@おーぷん
>>112
ネタではないですよw
都市伝説もただの伝説では片付けれないものもあるってことですねーw
115 :名無しさん@おーぷん
>>113
ちなみに、猿夢的なものって事は厳密には猿夢ではないんだよね?
あれは確か、猿が乗ってるアトラクションの列車みたいな感じだったと思うけど、君の場合はどうだった?
118 :名無しさん@おーぷん
>>115
電車は電車だったけど普段学校行く時に使ってる電車だったかな
だから最初は学校に通ってる感じで電車に乗ったって感じかな?
119 :名無しさん@おーぷん
>>118
なかなか興味深い話だ。
ありがとう。
116 :名無しさん@おーぷん
コンビニで立ち読みしてたら、酔っぱらいの車がガラス突き破って店内に突っ込んできたこと
1m右にいたらタヒんでたかも
117 :名無しさん@おーぷん
>>116
生きてて良かったよ
120 :名無しさん@おーぷん
小さい頃海で浮き輪つけて深いところまで冒険したんだけど、魚が泳いでて捕まえようと潜る体勢になった時に浮き輪が取れて溺れたことかな。砂浜のところにいたお母さんとおばあちゃんが見えてもう会えないのかと思って泣きながらもがいた。
121 :名無しさん@おーぷん
>>120
それ、結局どうなったの?
126 :名無しさん@おーぷん
>>121 おじいちゃんと弟が偶然近くに来て遊んでた。
弟が兄ちゃんのとこ行くって言ったらしい。普段はアレだけど命の恩人として感謝してる
128 :名無しさん@おーぷん
>>126
偶然とはいえ、縁だね。
こういう時、守護霊の話をされると信じたくなるな。
122 :名無しさん@おーぷん
子供のころに苦しくて目が覚めたら
バーチャンが俺の首絞めてた
「お前さえ生まれてこなければ・・・」って泣きながら絞めてた
124 :名無しさん@おーぷん
>>122
絞め殺されなかったのは、バーちゃんの優しさか…
123 :名無しさん@おーぷん
職場のパワハラでまじの村八分を経験したこと
125 :名無しさん@おーぷん
>>123
リアルにそういうのが一番怖いよね。
一歩間違えればあすは我が身だし。
130 :名無しさん@おーぷん
ちょうど駅のアナウンスが流れた時に老人が貧血かなんかで倒れてホームから線路に落ちてしまって
それを見てた俺が助ける為に線路に降りて助けに行ったんだが、老人抱えてホームに戻れないし、あたふたしてるうちに電車は迫ってきてて、とりあえず老人を線路の真ん中に寝かせて俺も線路の真ん中にうつ伏せになって電車が過ぎるのを待ったその時が割りと1番怖かったな
137 :名無しさん@おーぷん
>>130
フェイクを混ぜてるな?
これだろう。
http://gaiagearw0.blog.so-net.ne.jp/2010-02-17-2
131 :名無しさん@おーぷん
子供の頃に少し離れた山にある小さい洞窟探検してて
這って入れる程度の穴見つけたんで中に入った
頭から突っ込んでちょうど脚まで入ったとこで体が詰まって
身動きできなくなって半狂乱で叫んだ

たまたま近くのゴルフ場のオッサンが聞きつけて助けてくれたが…
今でも思い出すと会いたくて震える

こんな状態で動けなくなた
133 :名無しさん@おーぷん
>>131 俺もそういうのあるわ
閉塞感の中の恐怖はいまでも鳥肌たつよな
135 :名無しさん@おーぷん
>>133
中世はそんな状態で放置する拷問もあったそうだしな
マジでトラウマだわ
132 :名無しさん@おーぷん
幼稚園年長か小1くらいの時怖がりだったけどイキって家に1人で留守番したときの怪奇現象かな、電気が勝手に全灯、豆電気、全灯、豆電球と繰り返したときの悪寒は忘れられんね
138 :名無しさん@おーぷん
>>132
子供は心霊現象を引き寄せやすいんかね!?
136 :名無しさん@おーぷん
小学生の頃手術したこと
大した病気じゃなかったけどすぐ終わるよ〜って言われてたのに
目が覚めたら切られたところイデェイデェし喉にチューブ入っててウゴッてなるし怖かったわ
139 :名無しさん@おーぷん
>>136
大した病気だったんだなw
140 :名無しさん@おーぷん
ヒグマに腕持って行かれた
142 :名無しさん@おーぷん
>>140
マタギか何かですか?
143 :名無しさん@おーぷん
山の別荘に行った時にめっちゃ背がでかい女におい回された 八尺様どころか2ちゃんすら知らなかったあの頃
144 :名無しさん@おーぷん
>>143
やたさま?
って都市伝説か何かかな?

ってか、その女は一体何者だったんだ…
146 :名無しさん@おーぷん
クラスメイトに虐待カミングアウトされたとき尻にめっちゃ傷あってグロかった
147 :名無しさん@おーぷん
>>146
クラスメイトかわいそ過ぎる。
そういう親ってマジで存在するんだな…。
148 :名無しさん@おーぷん
ブスにラブレター手渡された時
クラスメイトの前で……
151 :名無しさん@おーぷん
>>148
謎の行動力あるブスっているよな
152 :名無しさん@おーぷん
>>151
字は可愛かった
学年に知れ渡りからかいの対照に
なったけど一番辛かったのは彼女だと思う
すぐ振ったし
今思えば芯はまっすぐな子だったから
後悔してる俺も子供だった
154 :名無しさん@おーぷん
>>152
大人になったからこその後悔だね。

たしかに、勇気を振り絞って告白したその子を思うといたたまれないな。
149 :名無しさん@おーぷん
幼稚園の頃体操センターで折りたたみ式のトランポリンの
下敷きになって意識不明になったこと
155 :名無しさん@おーぷん
軽自動車で静岡まで行って帰りにカーナビ変わりに携帯使ってたら急に携帯壊れた。そして迷って峠道に入って濃霧で前進めなくなった。精神的に来た。夜の出来事
156 :名無しさん@おーぷん
>>155
俺そのゲームプレステでやったわ
157 :名無しさん@おーぷん
>>156
同士よw
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1471001558/